ダスキン運営のクリーンなベビー用品レンタル。
レンタル専門40年以上、安心のダスキンレントオール。

かしてネッと ダスキンレントオール
トップ  >  ベビー布団はいつまで?選び方のポイントを解説!

コラムをShareする

ベビー布団はいつまで?
選び方のポイントを解説!

ベビー布団は必要?メリットをご紹介

ベビー布団は必要?メリットをご紹介

ベビー布団は、早いと1歳にならないうちに卒業するとお話しました。使用期間が短いこともあるなら購入をためらってしまうパパママもいるかもしれません。ここでは、ベビー布団の必要性についてお話します。

ベビー布団と大人の布団の違いは

ベビー布団と大人用布団の違いは、サイズだけはないのをご存じでしょうか?大きな違いは「敷布団の硬さ」にあります。ベビー布団のほうが大人用に比べて硬いつくりになっているのです。
赤ちゃんは寝る時間が長いので、硬い布団だと負担がかかるように思うかもしれません。でも、骨や筋肉がまだまだ発達途中のため、硬めの布団で体を支えてあげる必要があります。

寝るのが“仕事”の赤ちゃん。健やかな成長のためにもベビー布団の準備を検討してみてくださいね。

ベビー布団のメリット

上記でお話した以外にも、ベビー布団のメリットは多数あります。ここでみていきましょう。

窒息などの危険を回避

柔らかい布団だと赤ちゃんの体は沈んでしまいやすく、寝返りをしてうつぶせになった時などに窒息の危険性があります。ベビー布団は大人よりも硬いつくりになっているため、その危険性を回避することにつながります。

また、ベビー用の掛布団は軽いものが多いので、万一顔にかぶさってしまっても簡単に払いのけられるのも安心。

お手入れがしやすい

ミルクを戻したりおむつ替えの際などに漏れてしまったりと、赤ちゃんの頃は何かと布団が汚れやすいもの。ベビー布団はコンパクトなので、洗うなどのお手入れがしやすいので安心です。防水シーツなどを複数用意しておくと、よりラクちんにお手入れができますよ。

赤ちゃんの快適な睡眠をサポート

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗っかき。春夏だけでなく、秋冬も室温によっては寝ている間に汗をかく子も珍しくありません。寝る時間が長い赤ちゃんを快適な状態でサポ―トできるよう、ベビー布団は吸水性の高い素材や肌に優しい素材を使っているものが多いのです。

次… 03 ベビー布団のデメリットは?

ダスキンレントオールかしてネッとベビー用品TOPページはこちらから!

コラム一覧
ベビーベッドはいつまで?必要かどうかの判断ポイント
ベビーベッドはいつまで?必要かどうかの判断ポイント
チャイルドシートの選び方解説!レンタルについてもご紹介
チャイルドシートの選び方解説!レンタルについてもご紹介
ハイローチェアはいつまで使える?まずはレンタルでお試し&確認がおすすめ
ハイローチェアはいつまで使える?まずはレンタルでお試し&確認がおすすめ
ベビースケールが必要な方はレンタルがおすすめ
ベビースケールが必要な方はレンタルがおすすめ
ベビー布団はいつまで?選び方のポイントを解説!
ベビー布団はいつまで?選び方のポイントを解説!

キャンペーン・コンテンツ

  • おトク!レンタル料金割引制度 最大40%OFF
  • かしてネッとが選ばれる8つの理由
  • レンタルベビー用品 気になるメンテナンス方法
  • サステナビリティの取り組み
  • 出産準備リスト
  • 失敗したくない!ベビーベッドの選び方
  • チャイルドシートのかしこい選び方
  • ハイローチェアは本当に必要?
  • 人気のベビー用品ブランド コンビ(Combi)レンタル特集
  • 赤ちゃん月齢カレンダー 6〜8ケ月 はじめての寝返りに感動
  • 一部店舗限定 おうち活動部 必要な時に必要なものだけ!レンタルパックが新登場!
  • 先輩ママの子育てReport
  • ベビー用品 各種企業・団体様レンタル
  • パパ&ママのお悩み ダスキンが解決します!ダスキンの別サイトへリンクします
  • #かしてネッと Instagramで公式アカウントをフォロー♪外部サイトへリンクします

ページTOPへ

ページTOPへ