ダスキン運営のクリーンなベビー用品レンタル。
レンタル専門40年以上、安心のダスキンレントオール。

かしてネッと ダスキンレントオール
トップ  >  ベビーカーは何歳まで使うの?A型とB型の違いからかしこい選び方まで徹底解説!

コラムをShareする

ベビーカーは何歳まで使うの?
A型とB型の違いからかしこい選び方まで徹底解説!

ベビーカーは何歳まで使うの?A型とB型の違いからかしこい選び方まで徹底解説!

「ベビーカー」は子育てをする上でなくてはならないモノなので、出産準備をする段階から検討しているママ・パパも多いですよね。とはいえ、いざベビーカーを買おうとしても、A型やB型、AB型などさまざまな種類があるので『どれを選べばいいかわからない!』と悩む方がとても多いのではないでしょうか。

そこで、今回はそれぞれのベビーカーの特徴や、『いつから使える?』『何歳まで使っていい?』などの疑問にお答えするとともに、みなさまにぴったり合うベビーカーの選び方についてご紹介します。

A型・B型・AB型・バギー型。それぞれのベビーカーの特徴は?

A型・B型・AB型・バギー型。それぞれのベビーカーの特徴は?

日本で販売されているベビーカーは、「A型」「B型」の2種類に大きく分けられています。「AB型」はA型に、「バギー型」はB型に含まれています。A型とB型の違いは、背もたれの角度と使い始めの月齢です。また使用できる期間は、ほとんどのベビーカーで推奨月齢が48ヵ月となっています。ここではそれぞれのベビーカーの特徴についてお話していきます。

機能性・安全性の高い「A型ベビーカー」

A型ベビーカーは新生児から使えるベビーカーです。リクライニング機能を備えていて、赤ちゃんを寝かせて使えるのが特徴。また、体が未熟な赤ちゃんをしっかり守るため、シート部分は衝撃や振動を吸収するクッションが使われています。

またA型ベビーカーの多くは両対面式といって、お互いの顔が見られる対面と、赤ちゃんが景色を楽しめる背面とが簡単に切替られます。赤ちゃんが快適に過ごせる工夫や機能が盛りだくさんですね。

●背もたれ:リクライニング機能あり 150°以上
●使用開始できる月齢:生後1ヵ月から
(※一部のA型ベビーカーで生後4ヵ月からのモノがあります)

一方、快適性と安全性を高めて両立させるため、重くて大きいというデメリットがあります。また高機能を実現するため、価格も高額となっています。

軽量・機動力に優れる「B型ベビーカー」

B型ベビーカーはリクライニング機能がなく、赤ちゃんを座らせて使う仕様です。そのため、首や腰が座る生後7ヵ月からが対象となっています。B型ベビーカーは軽くて持ち運びやすいのが特徴。またA型ベビーカーに比べて価格がリーズナブルなところも魅力です。

●背もたれ:リクライニング機能なし 100°以上
●使用開始できる月齢:生後7ヵ月から

一方、A型ベビーカーに比べてリクライニング角度が浅く、クッション性が弱いというデメリットがあります。

いいとこ取りの「AB型ベビーカー」

AB型ベビーカーは、その名前のとおりA型ベビーカーとB型ベビーカーの特徴があわさったベビーカーです。A型ベビーカー同様にリクライニング機能があるため、生後1ヵ月から使えます。また、軽くてコンパクトというB型ベビーカーの特徴も備わっており、まさに“いいとこ取り”のベビーカーなのです。

●背もたれ:リクライニング機能あり 150°以上
●使用開始できる月齢:生後1ヵ月から
(※一部のA型ベビーカーで生後4ヵ月からのモノがあります)

しかし、AB両方のベビーカーの特徴をもっているとはいえ、一般的なA型ベビーカーよりは機能性が落ちてしまうのも事実。購入時にはどのような機能の違いがあるかをしっかりとチェックしてくださいね。

持ち運びに便利な「バギー型」

バギー型ベビーカーは、B型ベビーカーをより軽くてコンパクトにしたものです。非常に簡易的な構造になっており、価格もとっても安くなっているのも特徴です。

●背もたれ:リクライニング機能なし 100°以上
●使用開始できる月齢:生後7ヵ月から

一方で、余分な機能は何もないため、乗り心地や機能性も最低限になっています。メインで使うというよりも補助的な用途に使用するモノという認識がちょうどいいかも知れません。

なお、A型・B型ともに連続使用時間が設定されています。なぜなら、赤ちゃんをベビーカーに長時間乗せていると、体に大きな負担がかかってしまうから。赤ちゃんの健康や発育状態にもよりますが、長時間外出する際は注意したいポイントですね。

どのベビーカーを選ぶのが正解? レンタルも利用してかしこく使おう!

どのベビーカーを選ぶのが正解? レンタルも利用してかしこく使おう!

それぞれのベビーカーの特徴などについてお話してきました。とはいえ、『結局うちにはどのベビーカーがあってるの?』と迷うママ・パパもいらっしゃるかもしれませんので、ここで詳しくみていきましょう。

先輩ママ・パパはどうしてる?

A型・B型、それぞれにメリットとデメリットがあるので選ぶ際に迷ってしまいますよね。一般的には、「A型ベビーカーからB型ベビーカーに乗り換える」ケースが多いようです。赤ちゃんの検診が1ヵ月目からあることなど、新生児のころから一緒におでかけする場面は多いため、出産後すぐに使えるA型ベビーカーは準備しておきたいところ。とはいえ、A型ベビーカーは重くて大きいので赤ちゃんがある程度大きくなってきたら使い勝手が悪くなってしまいます。だからA型からB型に乗り換えるママ・パパが多いんですね。

『でも両方を購入するとなるとかなりの出費になってしまう……』。そんなママ・パパは、レンタルを上手に活用して、家計への負担を減らしてみてはいかがでしょうか?

レンタルするならA型?B型? おトクなベビーカーの使い方

レンタルするならA型?B型? おトクなベビーカーの使い方

では実際に、A型ベビーカーとB型ベビーカーのどちらをレンタルすればいいのでしょうか。かしてネッとではA型ベビーカーをレンタルすることをおすすめしています。というのも、A型ベビーカーはB型ベビーカーに比べて価格が高いのに使う期間が短いからです。
赤ちゃん・子供と一緒に外出するママ・パパは、おむつや飲み物・食べ物など荷物がとても多いもの。なるべく早い時期に軽いベビーカーに乗り換えたいですよね。そう考えると、A型ベビーカーを使う期間は赤ちゃんがおすわりできる7ヵ月くらいまで。乗り換えを前提にするなら、レンタルを活用するのがかしこい選択ではないでしょうか。

タイプ別おすすめベビーカー3選!

ここまでタイプ別にベビーカーの違いや特徴、選び方のポイントについて紹介してきました。ベビーカーは色々なメーカーから販売されているため、どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。そこで、「かしてネッと」で扱うおすすめベビーカーを3つご紹介します!

A型

Combi コンビ スゴカル 4キャス エッグショック

このベビーカーは「4キャス」といって、対面・背面のハンドル切替に応じて、自動で前輪となった側のキャスターが回転できるようになる仕組みで、らくらくと行きたい方向に進むことができます。さらに地面の熱が届きにくいハイシート仕様になっていて、シート部分も丸洗いがOKで清潔な状態が保てます。購入すると高価な高機能ベビーカーも、レンタルを活用すれば断然おトクに使えます

スゴカルminimo

A型ベビーカーは重さ8kg程度のモノが多くなっていますが、このベビーカーは5.2kgとA型の中では軽量なタイプになっています。階段などで赤ちゃんを抱っこしないといけない場所でも、片手でひょいと持ち上げられて便利です。またベビーカーをたたんだ時のサイズも通常のA型よりもコンパクトになるのが特徴です。さらに日差しや風雨から赤ちゃんを守ってくれる幌(ほろ)は、足元まですっぽりつつみ、紫外線も99%カット。抵抗力の弱い赤ちゃんをしっかりとガードしてくれます。

AB型

Combi コンビ マルチ5ウェイ

1台で“3タイプのベビーカー”“ベビーシート”“キャリー&ラック”と1台で5つのスタイルに変化できるマルチなベビーカーです。赤ちゃんの状態や成長にあわせた使い方ができ、例えば車の中で寝てしまった赤ちゃんを起こさずに移動ができます。車での移動も多いというご家庭にうってつけのベビーカーと言えるのではないでしょうか。

あわせて読みたいコラム一覧

キャンペーン・コンテンツ

  • ベビーベッドと合わせて2週間無料おためしのダスキンモップ
  • おトク!レンタル料金割引制度 最大40%OFF
  • かしてネッとが選ばれる8つの理由
  • レンタルベビー用品 気になるメンテナンス方法
  • サステナビリティの取り組み
  • 出産準備リスト
  • 失敗したくない!ベビーベッドの選び方
  • チャイルドシートのかしこい選び方
  • ハイローチェアは本当に必要?
  • 人気のベビー用品ブランド コンビ(Combi)レンタル特集
  • 赤ちゃん月齢カレンダー 6〜8ケ月 はじめての寝返りに感動
  • 先輩ママの子育てReport
  • ベビー用品 各種企業・団体様レンタル
  • ベビー用品 レンタカー会社様レンタル
  • ベビー用品 自治体様レンタル
  • パパ&ママのお悩み ダスキンが解決します!ダスキンの別サイトへリンクします
  • #かしてネッと Instagramで公式アカウントをフォロー♪外部サイトへリンクします
  • 喜びのタネまき広場 ダスキンのサステナビリティダスキンの別サイトへリンクします
ページ
TOP

ページTOPへ

ページTOPへ