必要なモノを必要な時に、手軽にWEBで申し込み

ダスキンレントオール かしてネッと
DUSKIN 喜びのタネをまこう

トップページ > レンタルベビー用品「きれい」のヒミツ

思っていたよりきれいで安心!プロの手で1点1点きれいに洗浄!レンタルベビー用品「きれい」のヒミツ

産まれてくる赤ちゃんを迎えるママにとって、レンタル用品の衛生面はとくに気になるところ。

ダスキンレントオールでは、ベビー用品の商品別に細かく決められたメンテナンスマニュアルに沿って、お客様からご返却いただいた商品を、プロの手で1点1点きれいに洗浄、除菌しています。

「思っていたよりキレイだったので安心して使うことができました」

ご返却後のアンケートではそんなお客様の声が多数寄せられています。

「チャイルドシート」のメンテナンスでは、
こんなところに特に注意してます。

チャイルドシートは、構造上、シートカバー、シートクッション、ハーネス(肩ベルト)、バックルなど細かいパーツがたくさんあり、
使っているとその隙間にゴミや汚れがどうしてもたまってしまいます。
お客様からご返却いただいた商品は、一旦すべて解体して、赤ちゃんの汗や食べこぼし、ベルトの汚れ、シートカバーのしみをひとつひとつ手作業で丁寧に洗浄、消毒していきます。

チャイルドシート
赤ちゃんのお肌にやさしい洗剤を使っています
お肌に直接触れるものだから、使用する洗剤にも細心の注意を払っています(アルカリ性の強い洗剤や漂白剤は使用しません)。
見えないところもオゾンの霧で除菌
オゾンは脱臭後、水と酸素に自然分解されるのでベビー用品に残留することもなく、安心です。
※オゾン処理は素材によってできないものもあります。

赤ちゃんにやさしい!チャイルドシートのメンテナンス

返却された商品をチェック

メンテナンスイメージ01 メンテナンスイメージ02

シートカバーや安全ベルト、インナーパッドなど、複雑な部品がいっぱいのチャイルドシート。
これらをすべて、一度取り外してばらばらに分解。
見えない場所の汚れをチェックし、メンテナスするためです。

ダスキンオリジナルのメンテナンスツールとプロならではのノウハウで
見えないところもキレイに

メンテナンスイメージ04

本体部分は中性洗剤を使ってきれいに拭き取ります。

メンテナンスイメージ05

チャイルドシート本体のくぼみやベルトを通す穴など、拭き取りにくい部分にからまったホコリはエアーコンプレッサーを使ってすみずみまできれいに取り除きます。

シートカバーはきれいに洗浄

メンテナンスイメージ06
気になるシートカバーのしみや汚れをしっかりチェックし、洗濯洗剤できれいに洗浄します。

赤ちゃんにも安心、清潔。アルコール消毒。

メンテナンスイメージ07

ダスキンオリジナルのアルコール除菌スプレーを使って念入りに消毒し、専用のウエス(布)を使ってから拭きします。
ウエス(布)は使うたびに洗浄し、清潔に使用することが決められています。

組み立てと最終安全チェック

メンテナンスイメージ08

洗浄後、シミや汚れがすっかり落ちてきれいになったシートカバー。

メンテナンスイメージ09

パーツを再び本体に取り付けます。

メンテナンスイメージ11

ベルトや金具の破損はないか、ねじのゆるみはないかなどをチェックします。

清潔に保管

メンテナンスイメージ12

メンテナンス済みテープは作業完了のしるし

メンテナンスイメージ13

メンテナンスカードに、メンテナンスを行った日付、担当者名、チェック項目を記録します。

メンテナンスイメージ14

清潔に保つため、保管用袋に入れて保管します。

「ベビーベッド」のメンテナンスでは、
こんなところに特に注意してます。

大切な赤ちゃんのベビーベッドは、清潔であることはもちろん、事故を未然に防ぎ、安全に使っていただけるようにメンテナンスすることがとても重要です。
お客様からご返却いただいたベビーベッドは、ねじのゆるみやパーツの破損をチェックしてから、洗浄、消毒作業を進めていきます。

ベビーベッド
赤ちゃんへのやさしさにこだわったプロならではのノウハウで、柵の1本1本まできれいに。
ご家庭ではお掃除がしにくい柵の部分のホコリや汚れ、キャスターに詰まったホコリもダスキンならではのノウハウで、ひとつひとつ手作業で丁寧に洗浄、除菌していきます。
赤ちゃんのために、使用する洗剤にも細心の注意を払っています(アルカリ性の強い洗剤や漂白剤は使用しません)。

赤ちゃんにやさしい!ベビーベッドのメンテナンス

返却された商品をチェック

メンテナンスイメージ15

お客様から返却されたベビーベッド。パーツや部品を確認します。開閉部分などは破損しやすいので特に注意してゆるみなどを確認します。赤ちゃんの安全のためには欠かせないチェックです。

メンテナンスイメージ16

ねじはすべて一度締め直し、ゆるんでいたり、摩耗していたりする場合はねじや部品を新しいものに交換します。

中性洗剤で柵のすみずみまできれいに

メンテナンスイメージ17

中性洗剤を使い、柵の1本1本まで専用のウエス(布)でていねいに拭き上げます。

メンテナンスイメージ18

地面と接する角の部分や、普段お掃除しにくい連結部分、開閉部分には特に注意して、ホコリや汚れをきれいに拭き取っていきます。

メンテナンスイメージ19

手アカや赤ちゃんの食べこぼしなど、落ちにくい汚れは専用のマイクロパッドを使ってきれいに落とします。

キャスターや注意書きシールなど、細かい部分にも気を配ります

メンテナンスイメージ20

キャスターの部分にはホコリがつまりやすいので、エアコンプレッサーできれいに取り除き、キャスターがスムーズに転がるかをチェックしています。

メンテナンスイメージ21

事故防止のための注意書きシール。返却のたびにはがれていないか確認し、はがれている場合は新しいシールを貼付けています。安全に使用していただくための徹底した配慮です。

赤ちゃんにも安心、清潔。アルコール消毒

メンテナンスイメージ22

アルコール除菌スプレーを全体に吹きかけ、専用のウエス(布)で水分を完全に拭き取ります。

オゾンの霧で消臭・除菌

メンテナンスイメージ23

オゾン発生器を使用し、ベビーベッドの本体部分をまんべんなく消臭・除菌します。オゾンは脱臭後、水と酸素に自然分解されるので本体に残留することもなく、赤ちゃんにも安心です。

清潔に保管

メンテナンスイメージ20

メンテナンス済みテープは作業完了のしるしです。組み立てねじなどの部品はまとめて袋に入れ、組み立て図面もなくならないように本体のわかりやすいところにつけておきます。

メンテナンスイメージ21

パーツをすべてワンセットにまとめてPPバンドで梱包し、保管用袋に入れてメンテナンス完了です。次のお客様にご使用いただく時まで清潔に保管されます。

「ベビーカー」のメンテナンスでは、
こんなところに特に注意してます。

ベビーカーの安全性、機能性には十分注意を払い、細かいチェック項目に沿って赤ちゃんとママが快適にご使用いただけるようメンテナンスを行います。
また、赤ちゃんのお肌に直接触れるシートなどについては、特に清潔を心がけています。

ベビーカー
細かいチェックで操作性、安全性をしっかりキープ
折りたたみ、ハンドル切り替え、リクライニング、収納カゴ、シートベルトなど、ベビーカーにはさまざまな機能やパーツがあり、ご家庭では普段なかなか思うようにお手入れすることができないところが多いもの。
ダスキンレントオールではスタッフがチェック項目に沿ってていねいにメンテナンスをし、快適な操作性、安全性を維持しています。
シートの気になる汚れもきれいに洗浄
赤ちゃんのお肌に直接触れるシートの部分は、本体から外して、手作業で汚れをきれいに洗浄しています。

赤ちゃんにやさしい!ベビーカーのメンテナンス

返却された商品をチェック

メンテナンスイメージ21

お客様から返却されたベビーカーの機能や安全性をチェック。車輪の1つ1つもしっかり点検します。

メンテナンスイメージ22
折りたたみやハンドル切り替え、リクライニングがスムーズに機能しているか、ぐらつきがないか、なくなっている部品や破損がないかを確認します。

パーツをすべて一度分解します

メンテナンスイメージ23

シートカバーやサンシェード、ヘッドパッド、収納カゴなどのパーツは、お手入れがしやすいように、すべて一旦分解します。

※機種によっては、一部部品が外せないものもあります。

中性洗剤で本体をすみずみまできれいに

メンテナンスイメージ24

中性洗剤を使い、ベビーカー本体を専用のウエス(布)でていねいに拭いていきます。

お掃除しにくい車輪の汚れもしっかり落とします

メンテナンスイメージ25

車輪の連結部分やホイールは、エアーコンプレッサーを使い、泥やホコリ、巻き込みやすい糸くずなどをきれいに取り除き、快適な操作性を維持します。とくに汚れが落ちにくい部分は業務用のスチームクリーナーを使ってきれいに洗浄していきます。

メンテナンスイメージ26

アルコール除菌スプレーを全体に吹きかけ、専用のウエス(布)で水分を完全に拭き取ります。

アルコールで除菌

メンテナンスイメージ27

アルコール除菌スプレーを全体に吹きかけ放置した後、専用のウエス(布)で水分を完全に拭き取ります。

シートのシミや汚れもていねいに洗浄

メンテナンスイメージ28

シートクッションやベルトは中性洗剤で洗浄し、シミや汚れなどをきれいに落とします。赤ちゃんのお肌に直接触れる部分なので、アルカリ性の強い洗剤や漂白剤は使用しません。十分に乾燥させたあと、本体に取り付けます。

清潔に保管されます

メンテナンスイメージ29

メンテナンス済みテープを本体に巻き付け、作業完了です。

メンテナンスイメージ30

本体を保管用袋に入れてしっかり包みます。

メンテナンスイメージ31

作業の日付、担当者名、チェック項目を記入したメンテナンスカードをつけて、次のお客様にご使用いただく時まで清潔に保管されます。

「ベビースケール」のメンテナンスでは、
こんなところに特に注意してます。

赤ちゃんの肌が直接触れる部分が多いベビースケールは清潔である事が大切です。お客様からご返却いただいたベビースケールは、破損や汚れがないか確認したうえで、しっかりと除菌し、ていねいに洗浄しています。

ベビースケール
破損がないか細かいところまでチェック
赤ちゃんの成長の度合いや授乳量が正確に測れるように、破損がないか細かくチェックしています。
赤ちゃんが触れるところだから、清潔に
肌が触れるところだからしっかりと除菌し、その上でていねいな洗浄を行っているので、安心してご使用いただけます。

赤ちゃんにやさしい!ベビースケールのメンテナンス

本体の機能や作動、部品のチェック

返却された商品に破損や汚れが無いか、細かくチェックします。

エアーコンプレッサーなどでホコリを取る

クリーニングの下準備として、細かいところまで空気の力でホコリを取り除きます。

お皿部分をアルコール除菌で拭き上げる

清潔な状態にするため、アルコールでしっかりと除菌します。

汚れがひどい場合は、中性洗剤でていねいに洗浄

赤ちゃんの肌が直接触れる部分ですので、アルカリ性の強い洗剤や漂白剤は使用せず、ていねいに洗浄します。

本体を拭き上げる

十分に乾燥させたあと、しっかりと拭き上げ、次にご使用いただく時まで、清潔に保管します。

ページトップボタン
ページトップへ
ページトップへ